2/22の練習(サーブから3本バック側:レシーブ側の説明)

ダブルスの練習(後衛)

ダブルスのラリーの優劣を左右するサーブから3本の練習です。

サーブ側がポイントを取るには、サーブ後のレシーブ(後衛)の返球が大事になります。

早く構え、ミスらない、上げないです。

後衛が取ってくれると、サーバーの心に余裕ができ、サーブも良くなります。連続得点も期待できます。

練習内容

(1)サーブ→(2)プッシュ→(3)レシーブ(ドライブで返球)→(4)プッシュ&(5)レシーブをミスするまで

(1)センターにサーブ

(2)プッシュは相手レシーブの正面orバックハンドへ

(3)後衛レシーブはストレートへ(基礎打ちで言うプッシュ&レシーブ)

(4)(2)(3)をミスするまでプッシュ&レシーブ(アウトは取らなくて良い)

サーブ

(1)サーブ

DSC_0243

(2)プッシュ

DSC_0245

(3)レシーブ

DSC_0246

(4)プッシュ

参加者16名

男子9名、女子7名

DSC_0253